SONY α Eマウント

百合が原公園、3月はミモザが満開。SONY α6000で温室の花々を撮影

投稿日:2019年3月10日 更新日:


札幌の百合が原公園の温室にはミモザの大樹があって、満開になるこの時期、たくさんの方が観賞に訪れます。

札幌百合が原公園

住所;〒002-8082 北海道札幌市北区百合が原公園210番地
温室開園時間;8:45~17:15  温室観賞料金;大人130円
休館日;月曜日(月曜が祝日の場合は火曜日)

公式サイト

 

車がないと行けないイメージだったんですが、JR百合が原駅からは徒歩5分程度。すごくアクセスよかったです。

今回はこちらでミモザと花々を撮影してきました。

 

見事なミモザの大樹と花々

ミモザの温室には、椿も

冒頭の写真のとおり、温室にはみごとなミモザの大樹があります。それはもう見上げるばかりの大きさ。

 

sonyα6000 SIGMA56mmF1.4(APS-C用) F3.2 SS1/160 ISO160

ミモザ目当てにたくさんの方が写真を撮りに訪れます。

ただ撮ったのではスマホ撮影と変わらなくなってしまうので、せっかくのミラーレスの良さを生かすべく、できるだけ絞り開放で挑戦。

 

sonyα6000 SIGMA56mmF1.4(APS-C用) F3.5 SS1/125 ISO160

狙ったとおりのホワホワさは出せましたが、ミモザの黄色が色潰れしてしまっているので、室内でもPLフィルターがあった方が良かったのかも??

 

sonyα6000 SIGMA30mmF1.4(APS-C用) F4.0 SS1/60 ISO100

ミモザと同じ温室に、椿と牡丹、アザレアも置かれていました。特に牡丹はもう終わりかけていましたが、椿はまだ綺麗な状態のものが多くあり、一枚、パチリ。

 

蘭展、開催中

ラッキーな事に、ちょうど本日まで洋ラン展も開催されていました。鉢植えさん達なので、ミモザ以上にちょっと厳しい条件「マクロフィルター+絞り開放」に挑戦。

 

ひ~、厳しい。ピントが合う位置が、狙った位置からずれます。

 

sonyα6000 SIGMA30mmF1.4(APS-C用) F1.4 SS1/640 ISO100

7~8鉢、撮りましたが、結局、かろうじて納得できたのは、この一枚のみ。でも目一杯の絞り開放で頑張りました。

※マクロレンズがなくても接写が出来る「マクロフィルター」

 

販売用のお花もあります

洋ランと同じ体で撮った多肉さん。やっぱりちょーーーっと、狙った部分からピントがずれちゃう。多肉らしい白い産毛(?)がカワイイです。

この多肉さんは販売用。他にも販売用のお花がたくさん、ありました。

 

sonyα6000 SIGMA56mmF1.4(APS-C用) F3.5 SS1/125 ISO100

 

この日はすべてマニュアルフォーカスで頑張りましたが、最後は気軽にオートフォーカスで。

 

 

sonyα6000 SIGMA56mmF1.4(APS-C用) F4.0 SS1/100 ISO640

椿のコーナーには、こんな傘もありました。お花と違ってホワッとしたにじみを狙わなくてもいいので、物撮りの方が簡単ですね(^^

 

この日のカメラとレンズ

ボディ(カメラ)

SONY ミラーレス一眼 α6000 ボディ ブラック ILCE-6000 B(アマゾンリンク)

 

レンズはSIGMAの30mmと56mm


おすすめ
SIGMA 単焦点コンテンポラリー三兄弟はとても美しく撮れるシンデレラレンズ

シンデレラレンズって、聞いた事ありますか? 一般的には「明るい単焦点レンズ」のことを指し、ボケがきれいに出ることから「初心者でも写真が上手くなった気持 ...

続きを見る

 

※当ブログで掲載されている写真、文章の無断転載は、硬くお断りさせて頂きます。

-SONY α Eマウント
-,

Copyright© ジャーニーエム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.