伊勢神宮

月読宮と月夜見宮の場の氣の違い

投稿日:2017年11月10日 更新日:

伊勢市内にある月読宮と月夜見宮は、両方とも天照様の弟神、月読尊(つきよみのみこと)をお祭りしています。
漢字の読み方も、両方とも「つきよみのみや」

やはり天照様の弟神であるスサノオノミコトは、ヤマタノオロチの退治や天の岩戸伝説などの神話によく登場し、華やかなイメージですが、月読様は伝承が少なく謎の存在。

実際に初めてお宮にお参りさせて頂いて感じたのは、どちらも宇宙的なイメージでした。でもやっぱりちょっと違いはありましたよ~。

両宮の違いの基本

・月読宮
内宮の別宮。内宮から歩いて20分ほどの位置に鎮座。
主祭神は、月読尊。他に、月読尊の荒御魂を祭るお宮と、月読様と天照様のご両親、イザナギ、イザナミの尊をお奉りするお宮が併設されていて、いわば「アマテラス・ファミリー」の神社。
・月夜見宮
外宮の別宮。外宮から300mと間近に鎮座。
こちらは月読尊をお祭りするお宮がひとつだけ(正確には荒御魂も一緒に合祀)。

 

内宮的な柔らかさの、月読宮

月読宮を参拝

私は内宮は女性的で、外宮は男性的って感じるんですが、この2つの月読尊をお奉りする神社も、その通りの感覚。

 月読宮は、柔らかで女性的。
 月夜見宮は、威厳があって男性的

って、やっぱり感じました。

月読宮授与所

私が月読宮を訪れたのは、今にも降り出しそうな空の下。午後2時くらいだったのに、授与所も明かりが灯っていました。それがまた、美しい光景でした。

 

月読宮

暗い空の下でも、お宮は遷宮後とあって、柔らかく輝いて見えました。

本当は「4つのお宮が並んでいる」珍しい景色なんですが、お宮と参道の面積の関係で、どう頑張っても普通のカメラでは、4つを一緒に写真に収めることは出来ません。なのでガイドブックに載っている写真も、魚眼レンズなのか合成なのか、丸く歪んでいます。

 

月読宮参拝順序

参拝順序は重要だそう。

でも、これを覚えていなくても、現地に順序を示す看板もちゃんとあるので、大丈夫です。

私も順序通り、月読宮からお参りさせて頂きました。
次に月読荒御魂宮・・・

 

実は私は、旧暦ファンで、手帳も旧暦のものを使っています。
ですので、月の暦の神様でもある月読様には、「いつもお世話になっています」という感じでお参りさせて頂いたんですが、「宇宙的でありながら、柔らかい」っていう・・・やっぱりそういう感じでした。

一言で言って「歓迎されている感じ!」で、とても嬉しかったです

 

イザナギ、イザナミ様のお宮も優しい感じで、月読宮は全体に「プチ・内宮」という感じ!(※エネルギーが)
いいのは内宮と違って、伊勢市内でありながら、どの時間帯でもそんなに人がいない事。じっくりその場の氣を感じる事が出来ますよ。

 

月読宮・境内図

月読宮・境内図

伊勢で頂いたチラシより

駐車場はあるので(そこそこ広いです!)、もちろん車で行けます。
私は駐車場から入ってしまったので、そこからの参道しかないと思っていたんですが、図を見ると御幸道路側からも参道がありますね。

その2つの雰囲気がまた、違うとか・・・次回、あるなら、確かめたいです。

 

一方の、月夜見宮は?

外宮から月夜見宮までは300mたらず。
なのに、寄らずに外宮だけで帰ってしまう参拝者が多いのは不思議です。

でもお陰で、月読宮と同様、どの時間帯でも人はそんなにいなくて、いいんです

 

古きよき伊勢を感じる、外宮からの参道

月夜見宮の前にも、数台分の駐車場(確か、コインパーキング的でした)がありますが、外宮の駐車場に車を停めたまま、歩いた方が便利です。

月夜見宮神路通

また、この外宮から続く神路通が、とてもいいんです。

神路通は、真ん中は夜に月読様が外宮へと通われる「通り道」だそうで、舗装も真ん中は色が変わっています。
地元の方は、決して、真ん中は歩かないとか。

各家々の門には、注連縄が飾られていました。

 

伊勢市は・・・
お宮以外は、普通の地方都市すぎて、そこはちょっとがっかりだったんです。

だって、この内宮の近くの牛とかね・・・日常感覚すぎて、何とかならないんだろうか?と(面白いけど(笑))

 

でもこの神路通は「お宮を大事にしているんだな」って感じが伝わってきて、御師(おんし・江戸時代の神社のツアコン)制度が廃止される前の伊勢の、その残り香がありました。
私も外宮の作法にならい、左側を歩かせて頂きました。

 

やはり外宮的な威厳を感じる、月夜見宮

月夜見宮

鳥居に到着。

 

月夜見宮

月読宮と違って、お宮はひとつなので、古殿地と並んでいるのを見ることができます。

 

月夜見宮

どうでしょう?
ちょっと威厳のある、外宮的な感じが伝わるでしょうか?

 

月読宮でも月夜見宮でも、私の脳裏に浮かんできたのは、星座図とか、宇宙空間でした。
不思議に「月」そのものでは、なかったんですよね~。

 

月夜見宮の境内には、すばらしい巨木が。
大きな木はエネルギーも大きくて、側にいると謙虚な気持ちになれます。

 

月夜見宮・境内図

月夜見宮・境内図

伊勢で頂いたチラシより

 

 

 

※その他、参拝時間などは「伊勢神宮、基礎知識」の記事をご覧下さい。

-伊勢神宮

Copyright© ジャーニーエム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.