北海道・道東、道北

国設白金野営場・畏怖の念を感じる、美瑛の深い森の中のキャンプ場

投稿日:2018年9月30日 更新日:

すっかり秋めいてきた中、美瑛の国設白金野営場でキャンプを楽しんで来ました。

富良野岳登山のためのキャンプだったのですが、登山口最寄の吹上温泉のキャンプ場は焚き火はおろか炭火も禁止だったので、車で20分ほどのこちらにしてみました。

 

森がとてもステキな広~いキャンプ場でしたよ~。

 

古き良き、森の中のキャンプ場。国設白金野営場

場所

※グーグルストリートビューより

場所は美瑛町の有名観光地、青い池から車で10分程度。白樺街道である道々966号線を山の方へ向かい、白金温泉を通り過ぎてすぐです。

白金温泉を過ぎて小さい橋を渡ったらすぐにこの看板があるので、見落とさないで下さいね。(ちょっと分かりづらいかも?)

 

 

場内

管理棟

入ったらまずあるのが管理棟。

他のキャンプ場と同じく、ここで使用料金をお支払いし、諸注意の説明を受けます。

使用料金

大人400円、子供200円

管理棟の前にリヤカーも用意されています。

 

管理人さんは「24時間、いる」っておっしゃっていたので、きっと住み込みだと思います。気配が感じられなかったら、インターフォンを押してみて下さい。

 

 

トイレ

古くからあるキャンプ場である白金野営場の設備はすべて年季が入っていますが、トイレはちゃんと水洗で、手入れは行き届いています。(洋式がないのが残念)

場内に本当は2カ所ありますが、この時は直前の台風の影響で、この管理棟の横にあるトイレだけが使用可能でした。

 

ゴミ収集場所

素晴らしくカンペキの分別収集に感激!

生ゴミ以外はすべて捨てられます。管理棟のすぐ横にこの収集場所があるので、現地でどう分別したらいいかを確認して下さいね。

 

生ゴミの匂い防止に私が使っているもの。とってもいいですよ!

 

炊事場

場内がとても広いので、炊事場も複数あります。これは私達がテントを張った場所に、一番、近かった、小さな炊事場。・・・柱が斜めになっているのは、私の撮影の腕が悪いんじゃないですよ~、ホントに斜めなの(笑)

 

ちょっと奥の大きな炊事場の側には、炉もありました。

 

バンガロー、他

テントを張れるフリーサイトと通りを挟んで、数等のバンガロー群も。正に「森の中に点在する」バンガローでした。とっても古そうですが、絵になる。

 

広いフリーサイトが2段あるんですが、奥の広場にはキャンプファイヤーが出来る場所も!

 

 

林間学校で利用されるのかな?

公共のキャンプ場である事や、全体の広さ、作りから言って、「林間学校などで学年単位規模で利用するために作られた施設」って印象でした。

でも寒さが忍び寄る秋のこの日は、私達を含め、2組の利用があっただけ。

ただただ、深~い森の中の雰囲気を味わえました。

 

この付近の人気観光地、青い池は、一日に何台もの大型観光バスが乗り付けているんですが(もしかして何十台レベルなんじゃ?)、そこから車で少し走っただけでこんなに静かな森が保たれているなんて、この付近の自然のスケールの大きさ故ですね。

 

 

焚き火を楽しむ♪秋の夜は冷えますよ

偶然にも泊ったこの日は、美しい夕焼けになりました。

 

今回から投入した飯盒の蓋にも、夕焼けが映っています♪

 

ご飯を食べ終わったら、炭火に薪を投入して、焚き火に。やっぱりキャンプの宵は焚き火です。

 

白金野営場は、そこそこ山なので、秋の夜は冷え込みます。焚き火でも暖を取ることは出来ますが、防寒着の準備もお忘れなく。

我が家はキャンプ初心者で、まだストーブに手は出せていないんですが、就寝時には湯たんぽを用意しました。

 

 

国設白金野営場の場の氣は?

この周辺ってどこもそうなんですが、その場に身を置いていると「ああ、深い森。人に荒らされていない自然。素晴らしい」って思うんですが、街へ帰ってくると、ちょっと怖いな・・・って気持ちになる。

私の大好きなニセコみたいな、自然でありながら”開けた明るさ”がないんです。渓谷だから?でも、この地域の山も同じ感じなんですよね~。層雲峡や天人峡も似ているので、大雪山渓って、そうなのかも知れません。

 

私の感じる「ちょっと怖いな」の「怖さ」は畏怖の念なのかも?街に暮らしていると自然への怖れを感じずに生活していますけど、それは良い事じゃないかも知れません。

 



周辺施設

白金温泉

すぐ側に白金温泉があるので(徒歩でも行ける距離)、便利です。

 

〔楽天トラベルへのリンク〕
白金温泉 大雪山白金観光ホテル
〒071-0235北海道上川郡美瑛町字白金温泉

白金野営場ではこちら↑の温泉の入浴割引券を頂けるので、利用させてもらいました。しっかりしたホテルで温泉の設備もちゃんと整っています。ありがたかったです。

 

 

白ひげの滝と青い池

湯元白金温泉ホテルの裏手に、青い池の上流にあたる「白ひげの滝」があります。

〔楽天トラベルへのリンク〕
湯元 白金温泉ホテル
〒071-0235北海道上川郡美瑛町白金

こちらでももらい湯させてもらったことがありますが、いいお湯です。

 

これが白ひげの滝。滝の上に見えている建物が、湯元白金温泉ホテルです。

この撮影ポイントは渓谷に掛かる橋の上なんですが、以前はここからホテルのお風呂が、一部、見えちゃっていたんですが・・・立ち木が育ってくれて、都合よく見えなくなりました(^^

 

 

で、青い池は・・・・

青い池はですね・・・コバルトブルーの水面で大人気なんですが、あれほど上手く撮れない池もない(TT)

撮影撃沈しすぎたので、記する気力なし。まぁ人気観光地ですので、調べたらすぐ出てきますよ・・・ええ、スイマセン。

 

 

道の駅びえい・白金ビルケ

2018年5月にオープンしたばかり、とってもキレイでイマドキのオシャレ道の駅、白金ビルケ。青い池から車で2分です。

きっと、青い池にいっぱい観光客が来るので開設されたんでしょうね~。

 

BTB(ハンバーガー、とっても美味しかったです!)と、なんとノースフェイスのショップがある。

 

レンタサイクルや

 

お店の裏手には、木琴やアコーディオン、ハンモックなども置かれていて、フォトジェニックに作られています。

キャンプ場にするために最低限の手を加えただけだからこそ素晴らしかった白金野営場と好対比の、それなりに人手が入れられているからこそ”さりげなくオシャレ”な白金ビルケ。

 

難点は営業時間が9:00~17:00と、夜、閉まるのが早い点。

BTBは18:00までですが、併設されている他の軽食店は15:00までと、ランチ時間しか開いていません。

 

営業時間は変動ありとの事でしたので、公式ページでもご確認下さい。

北の道の駅

 

 

望岳台

道々966号線を吹上温泉の方へ向かっていくと、その中間にある望岳台。

 

十勝岳への登山口となっているここも、青い池と同様、撮影はなかなかに難しく・・・目で見た荒々しい力強さや雄大さが、さっぱり写真では伝わらないんですが、お勧めです!私は青い池よりお勧めします。

 

ここだけなら軽装でも全然OKで、山の力強さに触れられますよ。

 

美瑛の町の方を眺めて。

 

1つめのテント買うなら、コールマンのタフドームがお勧め

コールマンのテント「タフドーム、スタートパッケージ」・ファミリーでのキャンプデビューに超おすすめ!

こちらの記事で書きました通り、マイテントを購入してキャンプデビューしましたが・・・   買ったのはコールマンのタフドーム。 ホントに何にも知 ...

続きを見る

 

※当ブログで掲載されている写真、文章の無断転載は、硬くお断りさせて頂きます。

-北海道・道東、道北
-,

Copyright© ジャーニーエム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.