SONY α Eマウント

とうとう出る?!α6500後継機?SONYの新型カメラの噂

投稿日:2019年7月5日 更新日:

デジカメinfoさんによると、来る7/17、18か、7/25のどちらかに、SONYの新型カメラの発表があるのではないか?という話です・・・。

ソニーの次の新製品発表は7月17・18日か7月25日?/デジカメinfo

 

 追記/そしてその発表日は、7/17になるようです。楽しみですね!

ソニーが7月17日に大規模な新製品発表会を開催することを確認/デジカメinfo

 

今年1月にα6400が発表(1カ月後の2/22発売済)されてから、ずっとチェックしているデジカメinfoさん。

α6400はもう、本気で買う気で検討したので、そのお陰でカメラの知識もつきました。でも結局、買わなかったのは、そのころずっと平行してα6500の後継機の噂があったから。

デジカメinfoさんでウォッチし続けていたのは、そのα6500の後継機の動向です。

 

この間、レンズやRX0iiなど、待っているものとは違う製品が発表され続け、ずっと肩透かしに合ってきましたが、今回は・・・

ソニーは3つの新型カメラのコードネームをアジアの認証機関に登録しており、そのうちの2つはEマウント機で、1つはRXシリーズのカメラだ。通常は、登録から1~2ヶ月以内に発表される。

(上記デジカメinfoさんより)

 

とのことで、Eマウント機であることは確かな模様。

とうとう、ついに?! 待望の新型APS-C機の発表になるのでしょうか?

 

私が個人的に新型APS-C機に期待するもの

α6400は、SONYのフラッグシップ機であるα9並の瞳AFを搭載というだけでも、ものすごく魅力的でした。

それでも買い控えたのは、最初は手ぶれ補正がついていなかったのが大きな理由でしたが、これはハンドストラップを使えば相当に軽減できるのが体感できたので、最後に押しとどまったのは、

  • センサーが裏面照射型じゃなかったこと
  • SONYには、α6300発売のわずか7カ月後にα6500を発表した前科があること

です。

もし・・・今、α6400を買ってしまって、1年以内に裏面照射型の新APS-C機が出たら、きっとがっかりする・・・その思いで踏みとどまってしまいました。

 

近々、発表されるカメラが、裏面照射型APS-C機とは限らないですが、私が期待しているのはそれです。

もちろん、α64000並の瞳AFと、できれば手ブレ補正も期待しています。

 

そう欲しいのは、デジカメinfoにお集まりのセミプロの皆様が期待されている「ミニα9」とかじゃないんです。そんな贅沢は言わないです(というか、そこまで要らない・・・)

私が欲しいのは、ミニα7iii です!

 

α7iiiのコストとスペックのバランスは素晴らしい・・・こんないい機種は、そうそう、出ないんじゃないだろうか?

裏面照射型センサー、手ブレ補正、バージョンアップでα6400と同じになった瞳AF、電子水準器と、欲しい機能、全部入り!フルサイズだから重たいって事以外、何の問題もない。

 

・・・ので、ずーーーっと

APS-C版、α7iiiが出ないかな~

と思っているんです。ちょっと期待しています。

※当ブログで掲載されている写真、文章の無断転載は、硬くお断りさせて頂きます。

-SONY α Eマウント

Copyright© ジャーニーエム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.