北海道・道央、道南

支笏湖・丸駒温泉。札幌近郊の秘湯は、神秘の癒し露天風呂

2017年11月23日

支笏湖畔の丸駒温泉は、支笏湖温泉から湖を1/4ほど走った所にある一軒宿。
札幌市内からは丸駒温泉の方が近く、1時間程度でアクセルできるのに・・・

 

丸駒温泉提灯

「日本秘湯を守る会」に入っている、正真正銘、秘湯のお宿!

だからいつでも大人気!休日の昼間ともなれば、日帰りの立ち寄り客で賑わっています。平成2年にはスウェーデン国王がお泊りになった事もあるんですよ!

この丸駒温泉に、素泊まりで一泊してきました。

 

湖と繋がっている、天然露天風呂が「秘湯」!

2カ所の露天風呂がある丸駒温泉

丸駒温泉には2カ所の露天風呂があります。

ひとつは、内湯と洗い場から出入りする「展望露天風呂」
お湯の温度も高めで、湯冷めすることなく湖を一望できる露天ですが、秘湯はこちらではありません・・・。

丸駒温泉展望露天

展望露天風呂

 

神秘の「天然露天風呂」

秘湯は、湖畔の淵にある「天然露天風呂」の方。

丸駒温泉露天風呂

手前が露天。水路で湖と繋がっているので水位は湖と同じという、野趣あふれるお風呂です!

 

丸駒温泉露天水路

湖と繋がっている水路。支笏湖の透明度が高いからこそ、なぜる技。

岩を積んで湖と仕切られているので、お湯に浸かってしまうと湖は見えないものの・・・
「ザブン・・・ザブン・・・」という湖の波の音が間近に聞こえ、日々のストレスが洗い流されていきます。

 

お湯の水位は、雨と季節まかせ

この天然露天の水位は支笏湖と同じなので、雨の多い夏の時期は深く、湖の水位が下がる冬は浅くなります。

寒い冬に水位が浅いとお湯も冷めぎみで、膝くらいまでしかなかったこの日は、ちょっとぬるかったですが・・・

この露天、何と、このお湯の下の砂利から直接、温泉が出てくるという、全国でもめずらしい「足元噴出」の露天風呂!

50℃の源泉をどのくらい噴出させるかで温度を管理しているそうで、寒い時は(温度を上げるために)砂利が全部、出ていて、滑る心配もありません。
(熱いと・・・なんだろう?もう忘れちゃったけど、とにかく「滑る」素材のもので砂利を隠してあるので、安全のために、捕まるためのロープが渡してあったこともありました)

私は立ち湯なくらいに深い方が好きなんですが、10月初めに訪れた時に、身長160cmある私で首まで浸かるくらいの時もありました。
この時はたくさんの方がいて、小柄なご年配の方には「危ないですよ」と声を掛けたりしましたが、混雑していたにも関わらず、こういう所でありがちなネガティブな話をしている方が皆無!

楽しく笑うお母さん達と、湖の「ザブン・・・ザブン・・・」という波の音で、心底、癒されたのでした。

 

清涼な支笏湖の水の氣、そのままの露天風呂

ホロピナイの記事でも書きましたが、支笏湖は明るい道央のエネルギーと、ちょっと違って、清涼な道東っぽい氣の湖。

その氣、そのままのこの露天風呂で、ネガティブな話が出来る人は相当なツワモノかも?!(笑)

いや、実際はいるでしょうけど、きっと。でもお湯に浸かって、シャキッと清涼な湖の氣に包まれ、波の音を聞けば、日頃、心に積もった垢も、洗い流されてしまいます。

とっても浄化される神秘の癒しの湯ですよ!

 

宿内の脱衣所から天然露天までは30mと、距離があります

展望露天風呂は、内湯から入り口があるので分かりやすいんですが、そうじゃない天然露天風呂への入り口は、知らないと気づかずに終わってしまいます。

 

丸駒温泉天然露天入り口

天然露天風呂の入り口はここ!脱衣所にあります。

私はこれを知らなくて、2回ほど天然露天風呂を見つけられずに終わってしまいました・・・。(3度目にして、やっとフロントで聞いて、分かった)

 

丸駒温泉露天への回廊

そして、その入り口から天然露天までは、この30mの長~い回廊を歩くので・・・素っ裸だと、寒い上に恥ずかしい

 

丸駒温泉露天脱衣所
このように、天然露天風呂の脇にもカゴが置いてあるので、バスタオルを巻くか、浴衣は羽織ってで、どうぞ。

冬はここのカゴに置いておいた浴衣とかも、お湯から上がる頃には冷えてる(笑)ので、よーく温まって上がって下さいね。

 

内湯と展望露天風呂も、加水、一切なし

この写真は、脱衣所に掛けてあったパネルを写したものです。

このように、丸駒温泉は内湯と展望露天風呂も加水ナシの、100%天然温泉なんですよ~。

 

日帰り入浴、時間、料金

  • 大人 1,000円
  • 子供(小学生) 500円
  • 利用時間 10:00~15:00

 

秘湯だけど、秘境では全然、ない

丸駒温泉は周囲に何もない一軒宿ではありますが、札幌都心から1時間という立地なので、休日ともなれば日帰り入浴の方で、本当に賑わっています。
私が行った時は、団体さんがカラオケで昼間から盛り上がっていた事もあり、「秘境の静けさ」を求める方だと、ちょっと期待外れかも??

静けさを求める方は、平日に、日帰り客を避けて泊りで!ぜひ。

 

宿泊情報

お部屋など

丸駒温泉客室

お部屋タイプは8畳or10畳なので、二人だと広さに余裕あります。湖側のお部屋でも、山側と比べて1000円アップなだけだったので、湖側にしました。
今回は素泊まりにしたので、夕食のレポはないんですが、朝食は料金を払えばバイキングが付けられました。美味しかったです。

 

丸駒温泉の朝焼け

朝、庭園の桟橋からの朝焼け。

今回の宿泊は写真の撮影目的だったんですが、その主目的のホロピナイでの写真をご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。少し載せてあります。

 

丸駒温泉庭園

こちらは以前に紅葉の時期に・・・

「庭園からの桟橋?庭園があるの?」って、思いました?(笑)

そ~なんです。丸駒温泉には、宿と湖の間にちょっとした庭園もあって、そこの散策も気持ちいいんですよ!
もちろん、日帰り利用でも散策できます♪

 

ご予約はこちらから

 

ここまで読んで頂いて、ありがとうございました!

※当ブログで掲載されている写真、文章の無断転載は、硬くお断りさせて頂きます。

-北海道・道央、道南
-

Copyright© ジャーニーエム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.