北海道以外

京都フォトジェニック旅① 清水寺~八坂神社界隈

投稿日:2018年4月18日 更新日:

二泊三日だった桜の季節の京都旅。

伊丹空港からモノレールと阪急線を使って最終駅、河原町駅へ。そこでコインロッカーにキャリーバックを突っ込んで(空きがなかったらどうしようと思っていたんですが、思いの他、空いていましたよ~)

そこから地上へ出てまず目にしたのは、出口の高島屋で開催されていた、この中原淳一グッズ展。

 

ここから京都の旅が始まりましたが、2日目と3日目は神社まわりと決まっていたので、写真を撮影するためだけに使えるのは、この初日だけ!

せっかくなので、マスト京都らしい、清水寺を目指しましたが・・・

 

おそろしー程の人、人、人!!あんなに人がいるなんて!

 

でも写真はキレイに撮れました。この記事ではその清水寺から八坂神社界隈を、撮ってきた写真と共に紹介しま~す。

 

スポンサーリンク

間違いなくフォトジェニックではある、清水寺界隈

清水寺近辺

京都と言えば清水寺。

修学旅行も含め、京都へ来たらここへ来ないってことはなかった、一番、京都らしい所。

いつ訪れても「やっぱり京都はいいな~」って気持ちにさせてくれていた、大好きな地域だったんですが・・・

 

大谷本廟

五条の駅から歩いたので、まずは大谷本廟。

この時点で、かなりの人出にやや驚きつつ、お寺の後ろにチラ見えした墓地に「なるほど。ブラタモリで見た、”清水寺の裏はあの世”って、ホントなのね」と、まだ余裕かましていましたが・・・

 

清水寺

桜の季節。

早速、清水寺で美しい一枚をゲット。

 

・・・するものの、あまりの人の多さに、この界隈へ来て初めて、清水寺参拝をスルー(!)

 

ハンパなかったです・・・清水寺の前にたむろっている、人、人、人・・・半分くらいの人はレンタルと思しき和服姿なんだけど、その和服の人達の話す言葉の8割は、日本語じゃない!!

 

 

ただでさえ狭い三年坂を埋め尽くす(・・・マジで”埋め尽くす”という表現で、合っていた・・・)たーーーーっくさんの外国人観光客!

人だらけで坂の風情ある様子なんか撮れる訳もないので、こういう店先のショットを狙う。

 

 

でも、よーじや 清水産寧坂店付近から小路に入った、お池のある所では、こんな景色も撮れました。

青龍苑という所だそうです。ここは人が少なくてよかった。

 

青龍苑に設置されているトイレから、三年坂へ戻る路地。ステキなワンショット。

 

あの人混みでも、何だかんだ言って、こんな写真が撮れるんだから、ものすごい”ジャパニーズ・フォトジェニック”地域。

 

 

八坂庚申堂

写真を撮ってみて実感しましたが、この界隈のNo.1フォトジェニックスポットは、SNS映えで大人気の「八坂庚申堂」です。

三年坂から二寧坂へ入らず、八坂通を降りていくとあります。

 

上の写真の「くくり猿」が、カラフルでSNS映えと人気なんですが・・・

 

八坂庚申堂

 

八坂庚申堂

若葉を撮っても絵になりました。場の氣は大したことない・・・いや、ゴホゴホ・・・ですが、写真映えはとってもします!

 

八坂庚申堂のいい所は、くくり猿がカラフルで、どなたが撮っても味がある写真が撮れるところと、”人が入っても絵になる”ってところです。だから自撮りスポットとしては、最高!

 

八坂庚申堂

所在地;京都府京都市東山区金園町390-1
拝観時間;9:00~17:00
※写真だけ撮らず、参拝して下さいとの注意書きがありました。後は撮影自由とのこと。

 

二寧坂スタバも大混雑

二寧坂スターバックス

二寧坂へ戻って、スタバ。

出来たんです、二寧坂にスターバックスが出来ているんです。しかも町屋!ここで休もうと思ったんですが、中はやっぱり外人さんで超コミコミだったので・・・

 

近くの小さなカフェで、抹茶フロートを頂く。

 

実はこの日、気温は25℃越え!

まだまだコートが必要な札幌から、いきなり25℃の世界へ飛び込んでしまったので、それだけでも体力的にきつかったんですが、さらに人混みにヤラれ・・・この抹茶フロートがどんなにありがたく美味しかったことか!

 

そして密か~に思ったけど、25℃で桜が咲いていても、風情もなーんにもない・・・(TT)(ああ、桜、咲いてるなってだけ)

まぁ、写真に撮ったら分からないですけど!(笑)

 

この暑さと人でヨレヨレになった私が辿り着いたのは、心と体の休息地となってくれた高台寺(次のページへ)

次のページへ >

-北海道以外
-,

Copyright© ジャーニーM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.