北海道・道央、道南

札幌の夜景ならJRタワー展望室「T38」・大人の空間で楽しむ時間

投稿日:2019年1月13日 更新日:

何やら「日本三大夜景」に選ばれているらしい、札幌。

その札幌で夜景を楽しむなら、札幌駅にあるJRタワー展望室「T38」がダントツでお勧めです。街が目の前(近い)、行くのが簡単、札幌で一番高い建物と、お手軽に美しい夜景が楽しめる条件が揃っています。

どれほどの美しさか・・・まずはその夜景から、ご覧下さい!

 

JRタワー展望室・料金、営業時間

 料金;大人720円、中、高校生500円、小学生、幼時(4歳~)300円

 営業時間;10:00~23:00(最終入場22:30)

参照;公式サイト

 

スポンサーリンク

JRタワー展望室からの、美しい夜景

大都会、南方向

こちらはその展望室から見た、大都会、南方向の写真。スマホ撮影での撮ったまま・・・写真です。

スマホだとどうしても実際より暗く写ってしまうので、一眼ミラーレスで本気撮りして、本気レタッチしたものがこちら↓

いかがですか?

夏に超広角レンズ(広く入るレンズ)で撮ったものです。ちょっとレタッチしすぎた感はありますが、実際の見た目の感動はこれに勝るとも劣りませんよ。

 

漆黒の中に輝く住宅地の灯りが美しい、北方向

こちらは今回、撮影した北方向。

大分、撮影の腕を上げました(^^

 

北方向は左手に北海道大学の広大な敷地がやや暗めに広がり、奥も住宅地なので、南方向のような派手さはないんですが、その住宅地の明かりが漆黒の中に輝いていて落ち着く美しさです。

私はこちらの方が好きだったりします。特にこうやって冬場は、路面が雪で白くなるので、行き交う車のライトが反射し、とってもキレイ。

 

まっすぐな道路が美しく伸びるその先には、石狩湾新港があり、昼間は海も目視することが出来ます。

 

 

線路のカーブと大倉山がフォトジェニックな、西方向

こちらは西方向。小樽方面へと向かう線路のカーブが美しいです。道路と同様、冬場は白くなって、美しさ倍増。

山際に一際、輝いているのは、大倉山ジャンプ競技上です。

 

どうですか?見たくなっちゃう夜景じゃないですか?

次は、地下鉄からこの展望室へ行く、道順を説明します。

 

ちょっとややこしい?展望室までの道順

この写真は札幌駅南口。展望室は矢印の部分なんですが、最初は辿り着くまで、ちょーっと戸惑いました。

 

地下鉄からの場合は、市営地下鉄南北線さっぽろ駅で下車し、まずはステラプレイスの地下入口から入ります。そしてこの案内看板を見つけて下さい!

これさえ見つけられれば、後は表示通りに進めば大丈夫です。

 

はい、このエレベーターに乗りますよ。6階で乗り換えなので、まずは6階まで行きます。

 

6階はステラプレイスの飲食店街。エレベーターを降りるとまた案内があるので、その通りに進みます。

 

更なる案内。飲食店街を抜けてから、左に曲がります。

 

ここがタワー展望室の入口。ここまでくればもう迷いません。

 

後は奥へ進んで、チケットを買いましょう。大人720円。

 

ここは札幌スタイルのショップにもなっていますので、札幌らしいおみやげ物を買うことも出来ます。

札幌スタイル

 

チケット売り場の右奥が、展望室へと直通するエスカレーター乗り場。

乗ると、展望室が近づくと、段々、照明が落ちていく、粋な演出もされていて・・・

 

降りると、北方向の夜景が、眼下いっぱいに広がります。

 

 

夜景だけじゃない。ラグジュアリーな空間で大人の時間を楽しめる。

この展望室、夜景だけでなく、雰囲気も最高なんです。

静かな音楽がいつも流れ、間接照明の落ち着く空間は大人の雰囲気。ぜひ皆様も静かに利用して下さいね。

 

夜景的にはちょっともの足りない東側。でも南東角にはグランドピアノが置いてあり、ここも贅沢な雰囲気。

本当に静かに楽しみたいお客さんは、割りと東側にいますね(^^

 

大都会南方向を見下ろす一角には、バーも。軽食やアルコールも頂けます。

 

こちらは有名な「夜景が見られるトイレ」。北側にあります。

 

 

今回の撮影メモ

F値16、私のレンズでは最大に絞りきってマニュアルフォーカス、20秒の長秒露出しました。ISOはオートにしていましたが、250で済んでいます。

ご覧の通り、ミニ三脚と忍者レフ、レリーズ使用です。ミニ三脚を置けるスペースがあるので、お持ちなら、ごっつい三脚いらないですよ。夏はこの棚にカメラを直接、置いて、撮影していました。それでもOKです。

展望室や飛行機の窓からの撮影時に、ガラスに室内の物が映り込んでしまうのを防止する、忍者レフ。

 


忍者レフを使うと、棚に置いて撮影・・・は難しいので、ミニ三脚があるといいです。

雲台ないと使えませんので、注意。

-北海道・道央、道南
-

Copyright© ジャーニーM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.