北海道・道央、道南

札幌のキャンプ場なら定山渓自然の村・コテージやテントハウスなら冬キャンプもOK

投稿日:2018年10月19日 更新日:

素晴らしい紅葉の中、定山渓自然の村で秋キャンプしてきました。

 

札幌や、札幌近郊のキャンプ場というと、滝野オートリゾートやしんしのつ、ちょっと離れるけど人気の美笛キャンプ場はよく見聞きしていたんですが、初心者の私はここの事を何も知りませんでした。

ところが訪れてみましたら、ココこそ初心者には超オススメ!の、素晴らしい施設。

今回は私はゲル風のテントハウスを借りましたので、それを中心にレポします。

 

スポンサーリンク

ストーブ付きテントハウスやコテージで、秋冬キャンプでも暖かい

豊平峡温泉のさらに奥に位置する「定山渓自然の村」。山の中にぽっかり開かれた敷地なんですが、通年営業(!)しています。

北海道で通年営業しているキャンプ場って、ほんっとうに数えるほどしかないんですが・・・ファミリー層の利用が多い自然の村でも通年営業出来るのは、コテージやテントハウスに排気付きのストーブが設置されているから。

これなら寒い冬、小さいお子さんでも安心です。

 

かわいいゲル風テントハウス

テントハウスって?

自然の村のテントハウスは全部で10個。モンゴルのゲルをイメージして作られた建物で、木製の骨組みと厚地のテント生地で出来ています。

 

夜は中の骨組みが影絵のようになって、ステキな感じ。

 

内部の様子と、備え付けの備品

内部はこんな感じです。定員は7名なので、結構、広い。4人家族ならちょうどいいかな?

 

以下、7名分の備え付け品が置いてあります。(ひとり1個なので、7つあります)

靴置き

マットと座布団

ハンガー

この他に、以下の写真を見て頂ければ分かりますが、ほうきとちりとりが1セットありますよ。

あ、電灯もあります!なので外で焚き火とかしないなら、ランタンもなくても大丈夫(焚き火は焚き火台使用+薪は現地購入で持ち込み禁止)

 

 

レトロな石油ストーブだけど、換気はバッチリ

チェックインしたのは日も暮れかかっていた時間だったので、早速、ストーブを点火。このタイプのストーブ、懐かしいですね。

 

ストーブには煙突が付いていますが、出入り口のドアにも換気口が付いていますし

 

ファスナー式の窓もあるので、ここをちょっぴり開けておいても換気できます。

 

冬キャンプでストーブを使う場合に付きモノの一酸化炭素中毒の心配をしなくていい作りで、すっごくいいです!

 

実際、私が泊った日は夜は結構寒かったので、ストーブは微小でつけっぱなしにしていましたが、問題はありませんでした。

 

利用料金

宿泊 3900円
日帰り1300円
※暖房費込み

 

 

コテージは何と、内部にシンクとトイレ付き

こちらはコテージ群。

定員は5名でテントハウスよりは小さいですが、何と内部にシンクと冷蔵庫、水洗トイレまで付いているそうです。秋冬の夜中にトイレにいくのに、いちいち防寒着を着なくていいんですね~!そして冷蔵庫があるって事は、夏も食材の保管に便利!

 

1棟に2部屋あって、真ん中の土間にはテーブルと椅子が備え付けられていました。これは共有スペースですね。

 

コテージのストーブは、パンフレットを見るとテントハウスのストーブよりは新式の物になっています。

車椅子対応のコテージもあるそうなので、利用されたい方は自然の村さんへ問い合わせてみて下さい。(パンフレットには「受付別」となっています)

 

利用料金

宿泊 4700円
日帰り1600円
※暖房費込み

 

普通のテントサイトもあります

秋も深まるこの日は利用も一組だけでしたが、通常のテントサイトも22区画あります。

区画が決まっているので、予約しておけば完全にフリーのキャンプ場のように超混雑・・・なんてこともなさそう。

利用料金

宿泊 500円
日帰り170円

 

テントサイトには2つだけ、このキャビン付きの区画があります。

キャビンは内部の設備はほうきとちりとり、靴置きくらい。電灯もないので、電池式ランタンが必要です(内部は火気厳禁)

利用料金

宿泊 1000円
日帰り340円

 

 

さて、気になる炊事棟やトイレなどの水周りや、ゴミの処理は?次ページへ続く。

次のページへ >

-北海道・道央、道南
-

Copyright© ジャーニーM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.