北海道の神社

北海道神宮の3つの参道を現地レポ・鳥居でパワーに差?

投稿日:2018年1月12日 更新日:

札幌市民の憩いの場、北海道神宮。

私もよく行きますし、馴染みの場所すぎてネットで調べてみた事もなかったんですが、このブログを始めてから改めて検索してみたら、「北海道神宮は鳥居によってご利益が変わる」との記述が・・・

なんでも

第二鳥居は「縁切り」のパワーで、第三鳥居は「金運」

東京から日帰りで行ける開運パワースポット巡り

とか。

 

ええ~、知らなかった!それは札幌市民には、案外、知られていない情報ですよ・・・??

そこで2018年明けての初詣で、実際によく観察してきてみました。

 

スポンサーリンク

どの参道がいい?お勧めの参拝コース

実際に考えられる「北海道神宮参拝の、4つのルート」

北海道神宮は、結構、敷地が広いです。
ですので、入り口も複数あって、実際に境内に入ってから本殿へ至るまでのコースは、以下の4つ、考えられます。

  1. 西駐車場から最短距離で本殿に入る
  2. 第二鳥居から表参道を通って、まっすぐ本殿へ入る(これが”正面玄関”的な所)
  3. 東駐車場から第三鳥居をくぐって参道を通り、本殿に入る
  4. 公園口鳥居をくぐって、各末社の前を通りすぎて参道を通り、本殿に入る(地下鉄駅からだと、ここを通るのが一般的)

レンタカーで観光しているとしたら、カーナビで案内されるのは、170台とたくさんの車が停められる、西駐車場の方。
でもこのコースはホントにただ、「本殿に参拝するだけの、最短コース」で、特にご紹介するポイントもないので、以下では残りの3つを、それぞれ紹介していきますね。

 

第二鳥居の表参道は、場の氣、イマイチ

北海道神宮の「表玄関」にあたるのが、第二鳥居から続く「表参道」。タクシーで「北海道神宮へ」とだけ頼んだら、大抵、第二鳥居で降ろされるでしょう。

 

冒頭部分でご紹介した引用文では「縁切りのパワー」とされている第二鳥居ですが・・・

北海道神宮表参道

縁切りどうのより、そこから続く表参道の場の氣がイマイチなので、あまりお勧めしません。

※この写真↑はまた、初詣の出店が中途半端に残っている状態での撮影なので、余計にイマイチさが増しています。

 

 

市民に愛される、公園口鳥居からの参拝コース

北海道神宮最寄の駅、「地下鉄東西線、円山公園駅」は、その名の通り、円山公園への最寄駅。

その円山公園に入ってそのまま公園口鳥居をくぐり、本殿へとお参りするこのコースが、札幌市民の「北海道神宮参拝のスタンダードコース」です。私もいつも、ここを利用します。

 

公園口鳥居

公園口鳥居

雑木林の中を抜けて行くこの参拝ルートは、春には桜が楽しめるお散歩コース。

とっても気持ちいいです。「金運」という第三鳥居に興味なければ・・・かつ、地下鉄からなら、普通はここを利用です。

 

 

第三鳥居から、入ってみる

東駐車場に車を停めると、第三鳥居をくぐる

もう数える事もできないくらい訪れている北海道神宮なのに、私は実は第三鳥居の存在を知らなかったんです。

というのも、第三鳥居は「東駐車場」に車を停めると利用する事になる鳥居で、いつも地下鉄利用で北海道神宮まで行っていた私には、縁遠かった鳥居だったんですね。

第三鳥居

第三鳥居

これが第三鳥居。

わざわざ東駐車場へと廻ってみました!乗用車の駐車場の奥にある、団体バス用の駐車場のすぐ側にありました。

第三鳥居をくぐると、清々しい杉林の参道が!何でも最北限の杉林なんだとか。

・・・ここは確かに、感じ良いです!

 

※公園口鳥居からの参道と、そんなに違いはないんですが、こっちの方が、ちょっといいかも。でも金運かどうかは分かりません(笑)

 

 

カーナビで東駐車場をセットするには?

カーナビで北海道神宮をセットすると、大きい西駐車場の方へ連れて行かれると思うので、地図で確認して、東駐車場を指定しなおして下さいね。

もしくは、北海道神社庁の社務所がすぐ側にあるので、そこをセットしてもいいと思います。

北海道神社庁

所在地;北海道札幌市中央区宮ヶ丘474-35
公式サイトはこちら

 

さて、次ぎのページでは引き続き、美しい北海道神宮の境内をご紹介して行きますね。

次のページへ >

-北海道の神社
-

Copyright© ジャーニーM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.