北海道以外の神社仏閣

幣立神社は、場の氣、あんまり・・・

2017年11月18日

このブログを始めるにあたり「個人のブログなんだから、実際に行ってみて、自分が”あんまり・・・”と思った所は、素直にそう書こう」と決めたものの、さすがにパワースポット好きの間では人気の、幣立神社の事を、そう評するのは勇気要りました

でも、ホントに「あんまり・・・」と思っちゃったんだから、しょうがないです。

私としては、「言われるほど、場の氣、あんまり」な神社だったんです。

 

本殿以外は、あんまり・・・だった、幣立神社

天御中主大神をお祭り

私が幣立神社をおとずれたのは、2017年5月。

幣立神社

前年の地震の影響がまだ残り、鳥居前の灯篭は壊れたままでした。それは率直にお気の毒でした。
早い復興を願います。

 

幣立神社

先に訪れていた友人に「すごい階段なので、筋肉痛になった」と聞いてきたんですが、ハイ、ホントに結構な階段でした。
この階段の上に見えてみるのが、本殿。

 

幣立神社

御由緒

「宇宙の中心」とされる、天御中主大神をお祭りしている神社って、あんまりないので、やっとご挨拶できるな~と、楽しみにして来たんです。

その本殿は素晴らしかったです!

ええ・・・本殿は。

 

何があんまりかって、センスないと思う

幣立神社を訪れたのは、このブログを始める半年くらい前のこと。
だから、自分が「場の氣、あんまり」と思った所は、その思いに正直に、写真もあんまり撮ってないんです

そんな訳で、お見せできる資料写真も少ないのですが、何があんまりだったかって、「説明の案内とかが、センスがない」です。

 

誇大アピールしすぎの、案内や立て看板

訪問前、ネット上の写真で、「伊勢の内宮」とか「伊勢の外宮」とかの石碑があるのを見て、「一体、どんなすごい所なんだろう?そんなに色々あるなんて、どんなに広いんだろう?」と、期待値満々だった幣立神社。

ところが実際に訪れてみたら、「え?ここを伊勢の内宮と言う?」「外宮と言う?」という・・・
何と言うか、小さなお賽銭箱を置いただけ、みたいな狭い所に、その石碑が取り付けてあって。

 

いやもう、あの素晴らしい伊勢の内宮と外宮を見てきた私としては・・・
例えどんな云われがあろうと、伊勢の内宮、外宮と称するからには、「そもそのこの扱いは、失礼なんじゃ?!」としか、思えなかったんです。

 

万事、その調子で、「ええ?これが?」というものが、他にも境内に複数・・・(もう写真も撮ってなかったので、詳細、忘れましたけど)
ごめんなさい、私の頭には「便乗」の2文字がかすめまくっていました・・・。

 

東御手洗社・わき水はいいですが…

本殿がある境内の裏手には、東御手洗社という湧き水があります。
この湧き水は霊力があるという話で、人々が水を汲みに訪れるようです。

写真は、その東御手洗社へ降りていく途中の階段で。境内から、結構、降りていきますよ。
(私は途中で「行き過ぎた?」と、引き返しそうになりましたが、後からいらっしゃったご夫婦に教えてもらって、無事、辿り着きました)

 

その道中は森になっているので、普通に森としては気持ち良いです。
湧き水自体も、美味しいお水でした。

でも、ここにもまた・・・
「中国始皇帝は不老不死の霊薬をこの神水に求められた」との、説明看板が・・・

 

あくまで個人的好みであることを承知で申し上げれば・・・
そういうところがセンスなくて、場の氣を落としていると思うんです。

 

 

なぜ、胡散臭い案内、看板が、全部、新しいの?

もう正直、私のセンスで言えば「誇大広告」くさくて、全然だった幣立神社。
その境内の誇大広告で、ひとつ、気になった事がありました。

石碑や、立て看板の文字・・・全部、新しい感じなんです。年季が入った感じがない。

ということは、以前の幣立神社は、こんな感じじゃ、なかったんじゃないだろうか?!

一体、いつからこうなっちゃったんだろうか?
前はもっと、よかったのかも知れない。

 

 

私の周囲でも、評価は分かれる神社です

私の周囲でも、幣立神社の評価は分かれます。「すごくよかった」とおっしゃる方もいます。
当たり前ですが、私の評価は私の評価です。幣立神社に興味のある方は、ぜひ、ご自身で行かれて、確かめてみて下さいね。

 

 

場所、アクセス

所在地: 〒861-3905 熊本県上益城郡山都町大野698

車で

高千穂から車で約30分、熊本空港からは約1時間。

車以外のアクセスは難しい所です。レンタカー移動がお勧め。

 

駐車場から境内へは?

国道218号線沿いに広めの駐車場がありますが、その駐車場から境内へと続く階段が見えないので、ちょっと迷いました。
駐車場から、高千穂方向へ歩道を少しだけ、歩いて下さい。すぐに鳥居と階段が見えてきます。

※当ブログで掲載されている写真、文章の無断転載は、硬くお断りさせて頂きます。

-北海道以外の神社仏閣
-

Copyright© ジャーニーエム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.