コンパクトデジカメ

Canon G7X mark2で夕景、夜景を撮る in 札幌街中

投稿日:2019年7月9日 更新日:

コンデジでどこまで夜景が撮れるのか?を確かめたくて、Canon G7X mark2を持って、宵の札幌中心部へ出てみました。

前日にα6000を持ってラベンダー畑を撮りに行っていたので、それに比べると「撮影用の荷物は、これだけでいい」っていう手軽さに、やっぱりコンデジ、めっちゃ便利!と、また人様に勧めたくなりました(笑)

あ、でも今回は三脚も持って行きましたよ~。ちゃんとスローシャッターにしてみたらどうなるか、の実験です。

 

実際に夕景、夜景を撮ってみる

G7Xのクセ?コンデジだから?光芒がキツすぎる

このくらいの暮れて行く時間帯だと、G7X mark2は、優秀にこなしてくれます。

まだまだ手持ちオートですが、ブレませんし、ISOも1000には至らないです。

 

で、このくらいから急激にISOが3000越え、5000越えしてしまうので、三脚に取り付けてスローシャッターに。

すると・・・どうも光芒の光り方がキツすぎるんですよね~。

これはG7Xのクセなのか、それともコンデジのセンサーがミラーレスより小さいからなのか?何にせよ、ミラーレスであるα6000との違いを、一番、感じたのはここでした。

 

ホワイトバランスに注意

さらに時間が進んで・・・

 

これも車のヘッドライトの光芒がキツイですね。

それとこの時間帯になると、ホワイトバランスを「オート」にしていたらものすごく青みがかってしまったので・・・

 

札幌テレビ塔夜景

100mm相当 F2.8 SS1/60 ISO200 ホワイトバランス「太陽光」

「太陽光」にすると、ほぼ見たままの色になりました。

陽の明るさが残っているうちはオートでも大丈夫だったんですが、暮れきってしまうと太陽光にした方がいいみたいです。

 

 

作例ギャラリー

では作例ギャラリーをどうぞ。画像クリックでポップアップします。

 

※当ブログに掲載している写真の無断転載は硬くお断りしております。

 

お買い求めはこちら

Canon PowerShot G7X Mark2

 

あわせてこちらもどうぞ

コンデジでおすすめの、丈夫でかわいいハンドストラップ、5選

コンデジでのハンドストラップの使用用途は、ミラーレス以上のカメラのそれとは、若干、異なってきます。 私はミラーレスを使う際には、手ぶれ防止にグリップタ ...

続きを見る

 

近々、Mark3が出ますよ~

CanonがG7X mark2の後継機になる、mark3を正式発表しました。いよいよ、出るんですね。

出ました

mark3の概要は、外観はmark2と同じで、中のセンサーと映像エンジンがバージョンアップ。お値段は9万円前後。

その分、mark2は価格が下落すると思うので、買い易くなりますね。3万円台なら、絶対に買い!の機種だと思います!←この感覚、私がミラーレスを持っていて、サブで使うから・・・の感覚なので、これ一台で!って方なら、5万円台でも買いだと思います。

 

mark2でも、ご覧の通り、三脚を使えば夜景もなめらかに撮れます。コスパ重視の方には、オススメです
※当ブログで掲載されている写真、文章の無断転載は、硬くお断りさせて頂きます。

-コンパクトデジカメ
-

Copyright© ジャーニーエム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.