その他カメラ情報

カメラの保管にお勧め防湿庫・トーリ・ハンのドライ・キャビ「EC-50-M2」

投稿日:2019年5月14日 更新日:

そろそろ梅雨の季節も近づいてきました。

北海道には梅雨がないと言われていたのは、ちょっと前までの話。ここ数年は必ず「蝦夷梅雨」と言われる、スッキリ晴れない期間が続く時期があるので、その前に・・・と、カメラ用の防湿庫を買いました。

 

意外ですが、レンズは保存状態が悪いとカビが生えます。カビてしまうと高い費用を払って修理してもらうか、最悪、オジャンです。安くない物なので、その事態はショックすぎる。それを避ける為の防湿庫。

この記事では、私が買ったトーリ・ハンの「EC-50-M2」(ECシリーズ・エコノミータイプ) をレビューしています。

 

トーリ・ハンのニュードライ・キャビ 47リットル

我が家で買ったのは、こちら。

防湿庫メーカーとしては老舗のトーリ・ハンのエコノミータイプ、47リットル。これのスリムタイプを買いました。

スリムタイプも上記リンクから選べますが、お値段は23,457円(19’5月現在)と、通常のずんぐりタイプよりちょっとお高め。

 

なぜトーリ・ハン製を選んだか?性能が信頼できる

苦情の口コミが皆無だった

防湿庫もピンキリです。

トーリ・ハンのよりお安い物もあったんですが、アマゾンの口コミを読んでみて「除湿されていない」という苦情の口コミがなかったのは、老舗の東洋リビングとトーリ・ハンの2社だけでした。

そこでこの2社に絞り、大きさと価格が希望にピッタリだった上記の物を購入しました。

 

本当に防湿されている?

安いメーカーの防湿庫では「付属の湿度計が壊れている」「市販の湿度計を入れてみたら、湿度が下がっていない」という、元も子もない口コミが見受けられたので、トーリ・ハンのものも、届いてまず、家にあった湿度計を入れて確かめてみました。

大丈夫です!湿度計も正しいですし、ちゃんと除湿&防湿されていました。

 

スリムタイプの大きさ

47リットルのスリムタイプだと、我が家に置くにはちょうどピッタリの大きさでした。

元々、写真のニトリのカゴで保管していたんですが、スリムタイプは底面積がほぼ同じ。カゴをよけて置けばいいだけだったので、スリムタイプにしました。

こうして置いてみるとスリムタイプでも安定感があって、地震で倒れる心配も、ほぼなさそう。

 

ちなみに詳しいサイズは、

  • 外寸:400×310×560mm(足含む)
  • 内寸:398×247×480
  • 重量:10kg
  • 容量:47L

となります。

 

棚板が2枚ついていますので、3段に出来ますが・・・

我が家のこのカメラとレンズ達なら、2段で入ってしまったので、棚板は1枚、余りました・・・(笑)

フルサイズミラーレス2台、APS-C機1台、1型コンデジ1台、カメラに装着していないレンズ3つ、が入っちゃうんですから、47リットルでも、結構、入ります。大型望遠レンズをお持ちの方は、これじゃ辛いかも?

 

気になる運転音は・・・?

まっったくしません!ホントに無音です。

冷蔵庫とは全然、違いました。寝室に置いても睡眠を妨げたりしません。

 

 

ちょっと待って、それは故障じゃないよ!

運転ランプは常時、点等している訳じゃないです

届いてすぐにコンセントを繋いでみたんですが、湿度設定を適性の30~50%の間にしてみても、最初は運転ランプが付かなかったんです。

 

運転している時は、このようにランプが点等するんですが・・・

 

これで「あれ?故障?!」と思ったんですが、トリセツをよく読むとそうじゃなくて・・・

トーリ・ハンの防湿庫は、3時間30分~4時間、湿気を吸って、30~40分、排出というのを繰り返す構造。なので「湿気を吸っている」間は、電力を使っていないので、ランプは点等しません。(このシステムのお陰で、電気代は一日に1~2円以下という、超エコ設計)

逆にランプが付いている時は、湿気を吐いているだけなので、防湿庫内の湿度は下がりません。

 

我が家でもしばらくするとランプも点等しました。

カタログにも「湿度が安定するまで1~2日間位様子を見てください」とありますので、急激に湿度を下げ、急激に安定させる構造ではないようです。

 

また、湿度が安定しても、扉を開けると室内の湿気が入って、すぐに上がります。で、閉じてしばらくほおっておけば、また元に戻ります。

 

 

その場の環境により、設定を変える

湿度調整器のメモリをどの出力にしておくかは、キャビが置かれている環境によります。

我が家では今のところ、「M」と文字がある所よりちょっと左側でちょうどいいみたいです。一度、湿度が安定すると、度々、調整する必要はないとの事ですが、季節が変わったら、またよく観察しようと思っています。

 

 

購入はアマゾンがお勧め

この手の電化機器は、初期不良に当たっても返品がしやすい、アマゾンがお勧めです。スリムタイプがいい方は、商品のページから選択して下さいね。

 

楽天とヤフーショッピングには、ドンピシャ、スリムタイプが出ています。

 

 

嫌な梅雨の季節や、冬のジメジメした季節も、安心してカメラやレンズを保管できるといいですね。

では、今日もお読み頂いてありがとうございました。

※当ブログで掲載されている写真、文章の無断転載は、硬くお断りさせて頂きます。

-その他カメラ情報

Copyright© ジャーニーエム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.