北海道・道東、道北

夏の道東観光・摩周湖、硫黄山など、弟子屈周辺の5つの見所

2017年10月28日

日本最大のカルデラである屈斜路カルデラに点在する、弟子屈の観光地。
火山の火の氣ばかりではなく、水の氣と同居する不思議な雰囲気の屈斜路湖と、風の神様がいるんじゃないかと思うほど、いつも風が強い美幌峠をご紹介しますね~。


美幌峠は冬は写真好きの間では、有名な撮影スポットでもありますよ。

 

広告

砂湯で地熱を実感!屈斜路湖

屈斜路湖畔

生き物の気配があまりしない屈斜路湖

私は屈斜路湖に立ち寄るのは3回目。
過去2回は「神秘的」っていう印象だったんですが、今回は快晴の30℃というお天気もあって、スカーッと「開けている」っていう感じを受けました。

それでも、湖畔に立ち寄れない摩周湖もそうなんですけど、人に汚染されていない湖でありながら、生きものの気配を感じないのが、神秘的な感じがします。
この、「いきものの気配」の有無が、知床との違いなのかも知れません。(知床は、すごく気配を感じる所ですよ!)

 

摩周湖は上から見るしかないですからね~。それも当たり前なんですけど、屈斜路湖は理由が違うみたいで、硫黄山からや湖底からの温泉水のため、酸性値が強くて、魚があまり住めないんだそうです。
(だからクッシーって、いないと思うんだけどな~。小魚がいないところに、大型生物なんか生息できないと思う)

 

名物、砂湯

ものすごく浅いところから、熱いお湯が出る!

屈斜路湖 砂湯

屈斜路湖の名物は、この砂湯。砂浜を掘ると、温泉が出ます!頑張って掘れば、即興のマイ露天風呂も作れます(笑)

子供には楽しいですよね♪
私も小さな頃のいい思い出として、ここで水着で遊んだ記憶があるですが、今回、サクッと手で掘ってみて思ったのは・・・

「あれ?こんな浅い所から、こんなに熱いお湯が出たっけ?昔は、もうちょっと掘らないとダメじゃなかったっけ?」

 

もうホントに、ほんのひとかきで「熱っ」って感じる温泉が染み出てくるんです!
記憶違いかも知れないですけど、硫黄山の活動、活発になっていない?!

 

 

キャンプできます。駐車場もあり

この砂湯のあたりはキャンプ場でもあるので、キャンプも楽しめます。
売店もありますし、湖と道路を挟んで反対側には、大きめの駐車場もあります。

スワンもあります

 

川湯同様、寂れてきている屈斜路湖

30代の頃、屈斜路湖畔の仁伏温泉で「にぶしの里」っていうお宿に泊りました。リーズナブルだったけど、お湯もよく、館内も清潔で、とても良かった記憶がありましたが、今回、そのへんを車で走っても、見当たらない・・・

当時、お宿から川湯温泉に向かう途中に、やっぱり湖畔に大きめのキレイなホテルがあるのを見て、「ここに泊ってみたいな~」と思っていたんですが、そのホテルも跡形もない。

後でネットで調べたら、両方とも閉館してしまっていました。

 

遊覧船も廃業されたようで・・・
これも知床に人の流れがいってしまっているからなのでしょうけど、本当にいい所なので、もったいないです。

 

そんな訳で遊覧船はないですが、今でもカヌーやフィッシングツアーの会社はあるので、アウトドアは楽しめますよ!

 

 

宿泊施設

私は今回は川湯温泉に泊ったので、屈斜路湖半では立ち寄り湯をしただけなんですが、その立ち寄り湯。迷いに迷って「(富良野のがいいから)ハズレないだろう」と、プリンスホテルにしました。

・・・ハズレでした(TT)

設備はいいんですけど、せっかくの湖畔の立地なのに、温泉からは湖が見えない(湖側は客室になっているので、泊るにはいいと思います)

それなら、口コミの高い、三香温泉↓にしてみればよかった・・・

養老牛温泉の湯宿だいいちと同じく、道内温泉ランキングでも、常にTOPクラスに入り続ける、秘湯。
見て頂ければ分かりますが、この素朴さでそれは、お湯とか、むちゃくちゃ、いいんじゃ?

 

風の神がいらっしゃる、美幌峠

夏はまるで天然クーラー!

住所的には弟子屈町ではなく、美幌町になりますが、屈斜路湖を川湯とは反対方向から見下ろすのが、美幌峠。

私は屈斜路湖でも摩周湖でも風の氣を感じるんですが(川湯温泉は、あんまり感じない)、それはこの美幌峠が大元かも知れません。

いつ行っても、風が強い!
30℃越えのこの日も、美幌峠に来ると、まるで天然クーラー!とっても涼しい。下でちょうどいい気温の日は、間違いなく、寒い(笑)

風の神様がいらっしゃるよな~・・・

と、思います。

美幌峠

湖を見下ろすビューもステキなんですが、山側を見見下ろすのもきれいで、全然、登山していないのに、登山気分が味わえます

 

美幌峠を越して見る屈斜路湖は、感動的

この辺りの中核都市である北見市、そして旭川方面から車で屈斜路湖に入るには美幌峠を越すことになります。

今は「飛行機で最寄の空港まで飛んで、そこからレンタカー」の旅をしていますが、若い頃、自家用車で、はるばる札幌から旭川へ入り、石北峠を越え、そしてこの美幌峠を越えて、とうとう屈斜路湖が目の前に開けるその風景が、とても感動的だったのを、はっきり覚えています。

美幌峠から屈斜路湖へ下る道では、ずーっと「わ~!!!」「すごーい!」「来たね!」しか、言葉が出なかった(笑)

 

とてもとても遠かった屈斜路湖。
辿り着いた事と、美幌峠を越えると、一気に空気感が変わるのは、感動的!

本当に言葉にしがたい「他にはない、神秘的な、道東独特のエネルギー」が濃い、弟子屈周辺は、非日常を体感できます!

 

道の駅・ぐるっとパノラマ美幌峠

峠には道の駅があり、駐車場、売店、トイレ、遊歩道と、完備。

・ぐるっとパノラマ美幌峠

 

こちらの記事もどうぞ♪

 

※当ブログで掲載されている写真、文章の無断転載は、硬くお断りさせて頂きます。

-北海道・道東、道北
-

Copyright© ジャーニーエム , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.