北海道・道東、道北

道東の定番観光地&パワスポ・摩周湖、硫黄山など、弟子屈周辺の5つの見所

投稿日:2017年10月28日 更新日:

弟子屈周辺の独特のエネルギーについては、前に記事に記載しましたので、今日は早速、ひとつひとつの観光地をご紹介していきます。

全部で5つ。5つともベタな観光地なんですが、外せない見所ばかり!ですよ~☆

 

スポンサーリンク

迫力満点!大好き、硫黄山

圧倒的な地のパワー!

まずは屈斜路カルデラの中にある硫黄山。川湯温泉から車で4分とすぐ。
(歩いても30分くらいで、私が訪れた際には歩道の工事がされているようでした。もしかして、遊歩道を作るのかな?)

明治の頃には硫黄の採掘が行われていたという、今でも活発に活動している溶岩ドーム。

シューシューゴウゴウ、うなりを上げて活動しているんです!!

 

日本全国探しても、この規模の活動的な溶岩ドームは、そうそうないんじゃ?と思う、硫黄の噴出。

マジ、ジオ好きな私は、火山のもくもくを見ると訳もなくテンション上がりますが(※物的、人的被害がない場合に限ります)、もうテンションMAX↑↑↑

は~い、出ましたよ!朝からゴキゲン笑うしかない♪

 

こんな吹き出し口も、立ち入り禁止のロープの外側にあって、間近で見学出来ます。
沸いていたお湯を触ってみた夫が、「ぬるい」とは言っていましたが・・・温度はともかく、強酸泉だと思うゾ

 

もっちろん、大地の火のエネルギー満載!
文句なしです!

 

以前は、ボッタクリのゆで卵売りがいて、雰囲気台無しだったんですが、いつぞや警察が摘発してくれて、静かになりました!よかったよかった。

今はレストハウスで、良心的な価格でゆで卵が売られています。

 

硫黄山の駐車場

硫黄山 駐車場

  • レストハウス営業時間 8:00~17:30(トイレ、売店、ゆで卵あり)
  • 料金 乗用車500円で、摩周湖第一展望台と共通(500円で、両方、停められます)

参考サイト・弟子屈なび

 

 

道東の名湯・川湯温泉

成分が濃い、名湯

上記の硫黄山から流れてくるお湯に入れるのが、川湯温泉。

ホントに街中を湯の川が流れていますし、掘削もすごい浅いところからの掘削で済むそうなですが、どの程度、掘るのかは、忘れちゃいました

 

泉質は酸性硫化水素泉と酸性硫黄泉なので、強烈。

泊ったホテルの従業員さんも、「泉質のせいで、配水管は数年、もたない」と話していたほどのパワーのお湯なので、合う人と合わない人はいるかも知れません。

私は、清らかというよりは、「動くパワー」とか「解毒」を感じました。

 

本当にお湯のいい名湯なのに、前の記事に書いた通り、少しさびれてきているのは残念でなりません。

それでも夏場はホテルの部屋の需要と供給がバランスが取れていないのか、料金は高め設定。私も第一希望のホテルは満室でした。
希望のホテルに泊りたい方は、早めの予約がいいと思います。

 

宿泊施設

私はこちらに泊りましたが・・・

〔楽天トラベルへのリンク〕
川湯温泉 川湯第一ホテル 忍冬(すいかずら)北海道川上郡弟子屈町川湯温泉1-2-3

正直、場の氣はイマイチ。サービス頑張っているし、お湯もお食事もいいですよ!

 

ホントはここ↓に泊りたかったんですけど、満室でした。お泊りになりたい方は、ご予約はお早めに。

〔楽天トラベルへのリンク〕
お宿 欣喜湯(旧:川湯ホテルプラザ)北海道川上郡弟子屈町川湯温泉1-5-10

 

 

川湯温泉は冬の方が場の氣もスッキリしていて、お湯のありがたみも倍層。そして何より、フォトジェニックでいいですよ!
川湯温泉は冬がいい!厳冬の弟子屈はフォトジェニックな撮影スポットだらけ

道東の超おすすめ観光ポイント、弟子屈町。 摩周湖あり、屈斜路湖ありで、温泉ありで、火と水と風のエネルギーが強烈に混在する稀なるポイント。 ・・・なんで ...

 

 

そしてこちらも、圧倒的に清らかな水の氣、摩周湖

川湯温泉から車で20分程度。(裏側の養老牛温泉からは、第一展望台まで50分程度)
その透明度と「霧の摩周湖」という言葉で有名な、定番観光地、摩周湖です。

自身も摩周カルデラというカルデラ湖である摩周湖は、やっぱり水の氣と密かに火の氣が同居しているんですが、水の氣の清らかさが、何たってすごい。

 

お勧め、第三展望台

摩周湖

摩周湖を第三展望台から望む

前の記事で書いた通り、私は大型車用駐車スペースがない第三展望台が、一番、場の氣が清らかだと思います。
人を寄せ付けない、シャキッとした氣を感じる、弟子屈らしい場所。

川湯温泉から一番、近いのも、ここです。

 

摩周湖

穏やかで風もなかったので、外輪山の湖への映り込みの撮影に挑戦。
スマホカメラにしては、なかなかキレイに撮れました

 

湖と反対方向を振り返れば、これも前の記事で紹介した通り、屈斜路湖、硫黄山が望めます。

 

メモ

・摩周湖にある3つの展望台の位置、参考弟子屈なび

第三展望台への道は、11月~4月下旬くらいまで、冬季封鎖になります。

 

メジャーな第一展望台

摩周湖

摩周湖を第一展望台から望む

「表玄関」的なのが、第一展望台。第三展望台と違って、人が多いからなのか、土地の氣にも、観光地らしいフレンドリーさが感じられます。

大きい売店もあり、湖の真ん中の島の位置も、フォトジェニック(普通に撮って、収まりいい感じに撮れます)

 

霧の摩周湖って、ウソやん?!

摩周湖は霧が多いから、「霧の摩周湖」って言葉があるんですけどね~・・・
私は子供の頃から数えて、4回、摩周湖に行っていますが、全部、快晴です!

周囲の友達も、みーんな、同じように「晴れてた」って言っているので、「ホントに霧が多いのか?」と、私は疑っています(笑)

 

晴れの摩周湖を見ると、晩婚?

「晴れた摩周湖を見ると、晩婚」って言葉があるんですが、まぁ、私は当たっていましたねぇ・・・(笑)

でも、晴れの摩周湖はものすごくキレイなので、お若い未婚のお嬢さんにも、ジンクスなんか恐れず、晴れの日に行って欲しいです!

大体、晴れてようが雲ってようが、きれいな水の氣が、恋愛運に悪い訳ないじゃん・・・と、思う。

 

次ページへ続く。

次のページへ >

-北海道・道東、道北
-

Copyright© ジャーニーM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.