その他カメラ情報

天の川を撮影できるカメラ、0から購入なら最強コスパはこれ!

2017年11月24日

私は今まで、夜景にあまり興味がなかったので、「スマホカメラでいいや」と思っていたんですが、突然、始め出した夜景撮影(笑)

ミラーレス一眼レフを用意し、2回目のトライで天の川が撮れました!

本格的に天体撮影をしているプロの方に比べたら「雰囲気」ですが、まったくの初心者だった者が写した写真としては、とっても上手く撮れたと思います。

せっかくなので、この撮影に必要だったもの、撮影方法などをレポしますね。

印刷には向きません

以下、ご紹介するのは「ネットで公開できる、天の川写真」を撮影するためのカメラやレンズです。プリントに耐えうる天体写真を撮ろうと思ったら、もっと高価な物が必要です。

 

カメラ本体とレンズ

ミラーレス一眼レフカメラ「Sonyアルファ6000」

世の中で「一眼レフ」と言われるカメラには2種類あって、ひとつは本当の「一眼レフ」。もうひとつは、安価で近年、人気の「ミラーレス一眼レフ」。

この2つの違いは、「ファインダーで直接、被写体を確認できるのが、ホントの一眼レフ」で、「ファインダーでは確認できないので、モニターで確認するのが、ミラーレス」です。

我が家はミラーレスで充分なので、こちらを購入。

また、レンズが付いているセット商品はお得感はあるんですが、そういうセットのレンズは星を撮るには性能が中途半端なので、最初からレンズなしの「ボディのみ」で買いました。

 

ご予算に余裕のある方は、更にキレイにとれるsony α7Ⅲあたりも、とってもオススメ!

 

SAMYANG 単焦点広角レンズ

カメラ本体を「ボディのみ」で買ったからには、レンズが必要。

そのレンズは、ネットで「コスパはこれが一番!」と評判だった、この韓国製の広角レンズを買いました。(星を撮るなら、広く撮れる広角レンズがおすすめ)

実際に使ってみて「間違ってなかった」と思ったんですが、注意点は以下の通り。

 

SAMYANG広角レンズの注意点

上記のものはオートフォーカス非対応です。オートフォーカス対応の物もありますが、お値段は高いです。でも星の撮影はどっちみちオートフォーカスだと無理なので、星景だけ撮影したいのなら、オートフォーカス非対応でもOKだと思います。

コスパは素晴らしいレンズなのですが、「当たり外れ」があるそうです(ハズレだと、必要以上に端が歪んで写る)。万が一、ハズレの場合でも、アマゾンで購入すると返品しやすいので、アマゾン購入をお勧め。

 

 

18’10月追記・SIGMA16mmF1.4 DC DN(コンテンポラリーシリーズ)

今は私は、星景を撮るのにもこちらを愛用しています。大好きなSIGMAの単焦点シリーズより、16mm。

 

実際に撮ったものがこちら。(※ソフトフィルター使用)

上記で紹介したSAMYANGのレンズに比べると、画角(切り取れる範囲)が狭いので、「天の川全体を写す」のには向いていませんが、私にはこの感じがちょうどよくて好きなんです。

SIGMAのレンズはとにかく「明るく、くっきり」なので、星も撮れます。よりきれいに撮れるのは上位版のArtシリーズですが、コスパ重視なら私の使っているコンテンポラリーシリーズがオススメ。

sonyのボディでオートフォーカスも効くので、星以外にも色々、撮りたいなら、SAMYANGよりこっちがいいですよ
SIGMA 単焦点コンテンポラリー三兄弟はとても美しく撮れるシンデレラレンズ

シンデレラレンズって、聞いた事ありますか? 一般的には「明るい単焦点レンズ」のことを指し、ボケがきれいに出ることから「初心者でも写真が上手くなった気持 ...

 

 

天の川を撮影する為に必要な、周辺グッズ

最低限、カメラ本体とレンズは必要な訳ですが、その他にも必要なものがあります。

 

絶対にあった方がいいもの

三脚

ないと無理です!天の川や夜景を撮影するなら、絶対に必須!(シャッタースピードを遅くするので、三脚なしではブレます)

今はもうこの三脚で満足していませんが、コスパはいいと思います。

 

この三脚の良かったのは、「水準器」という、水平かどうかを確認できるものが付いていること。あとアルミで軽くて良かったです。

 

懐中電灯

お家にあるのでいいと思うんですが、なければ小型の軽いのがお勧め。
天の川撮影は、できるだけ真っ暗な所が望ましいので、その状況下で地面を照らして安全を確保したり、手元の細かい操作の際には必需品です。

ウチは二人で撮影に行くので必要ないですが、もし、お一人で行かれるなら、他に両手が空くヘッドライトがあると、便利かも。

 

あった方がいいもの

シャッターリモコン「レリーズ」

リモコンを使わずに本体でシャッター操作をすると「ブレ」の原因になりがちです。これがあれば、ブレ防止になります。

三脚は今はちょっぴりこだわりますが、レリーズは安いのでも何でもいいです(私は)。

 

レンズのお手入れセット

最初から絶対にないと困る物ではないですが、遅かれ早かれ必要になるのが、コレ。

カメラを使っているといずれ、レンズに埃など付いてしまうんですが、ティッシュや眼鏡拭きなんかで拭いたり、息でフーッと飛ばそうとしたりして唾が落ちたりすると、レンズを傷めてしまうことがあります。
安くないレンズなので、傷がつくと取り返しがつきません。

このセット、入れ物がカワイイし、こうなっているとバラバラにならなくて重宝です。

 

取替え用、バッテリー

一応、ウチでは買ったんですけど、今のところ撮影時には使った事がないです。ちゃんと充電していけば、一回の撮影なら、それで足りてます。
取替え用バッテリーは、あったら安心かな~?というもの。

 

撮影方法とレタッチ方法は次の記事へ

長くなったので、撮影方法とレタッチ方法は、次の記事へ。特にレタッチ(PCに取り込んでからの補正)は、天の川写真では重要ですよ!

初心者でも撮れる天の川。撮影方法とレタッチの仕方

前の記事では天の川を撮影するために必要なカメラとレンズを紹介しました。 今回は、その装備で実際に撮影する方法と、レタッチ(編集)の仕方を紹介します。 ...

 

※当ブログで掲載されている写真、文章の無断転載は、硬くお断りさせて頂きます。

-その他カメラ情報

Copyright© ジャーニーエム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.