北海道・道央、道南

【2019年】北海道、安平町・菜の花畑は5月後半から6月初旬の今が満開

2019年5月24日

札幌から車で1時間~1時間30分。千歳空港からなら30分で行ける、安平町の菜の花畑。今年も行って来ました。

毎年、満開の時期はちょっとづつ違いますが、2019年の今年は、5月第4週の今でちょうど満開!見頃になっていましたよ。

安平町では「菜の花マップ」を配布しているので、そのマップで言えば何番の畑がお勧めなのかを、ご紹介しています。

 

まずは菜の花マップを入手しましょう

安平町の菜の花を見にいくなら、まずは「菜の花マップ」を入手しましょう。

「北のなのはな会」さんのホームページで配布されていまして、町内に点在する公開されている菜の花畑の位置と、カーナビで使えるマップコードが載っているので、とっても便利です。

北のなのはな会

 

2019年は、菜の花マップで言えばどこが見所?

ズバリ、イチオシは4番。夕日を見るにもバッチリ

安平町の公開されている菜の花畑は、国道234号を挟んで東側と西側に分かれています。

昨年、2018年に初めて訪れた時は、東側の方が丘陵地帯で美しく見える畑が多かったんですが、2019年も同じでした。

中でも私のオススメは、菜の花マップで言えば4番。

 

日中に訪れてもキレイな畑ですが、夕日と一緒に菜の花を観賞するのには、一番、いいと思います!

 

 

朝、訪れた際に。

人間の目で直接見た時の美しさを、どうしても写真に落とせないのが残念。このなだらかに起伏がある一面の菜の花畑を、ぜひ見て頂ければと思います。

 

 

直売所のある、6番

6番の畑には安平町の菜の花畑から採ったハチミツや、名産品の直売所が設けられていて、駐車所も設けられていました。こんな風に見晴台も。

畑のオーナーさんの考えによってでしょうか?歓迎されている場所とそうじゃない感じの所と温度差があるんですが、6番は歓迎ムード。

畑も広くて、ここも一面の菜の花畑を観賞するのに、とてもいい場所でした。

 

 

条件付で畑に入ることが出来る、8番

西側にある8番では、条件付で畑に入ることが出来ます。

 

この看板がありました。

スニーカーは×で、なにやら青いカバー足に被せている写真は〇・・・これは?と思ったら

 

看板のすぐ側に、この小屋が設置されていました。

足に被せるビニールと、その料金100円を入れる小箱、使用済みのビニールを入れるゴミ箱が完備。

 

要は「自分の靴でそのまま畑に入るのはダメだけど、このビニールカバーを被せてくれれば、いいよ」というシステムです。

入っていいって言ってもどこでも自由ではなくて、ちゃんと畑の中に通路が設けられていますので、その範囲だけで移動して下さいね。

営業時間も「9:00~16:00」とあるので、それ以外の時間は入ってはいけないと思われます。

 

このシステムは去年はなかったので、畑のオーナーさんの格段のご好意と思われます。ご迷惑を掛けないようにしたいですね。

 

私は16:30に訪れたので畑に入らず、看板のあった手前で撮影しました。それでも中望遠レンズを使えば、こんな感じで撮れます。

 

すぐ側をJR石勝線が通っているので、列車と一緒に撮れるポイントでもありますよ。

 

 

ナゾの5番・・・

公開されている畑の中でも、「それはどうやって見ればいいんだ?」というナゾの畑がありました。

それが5番。

 

公道からはかなり距離があって畑のフチしか見えません。望遠レンズを使ったって、ムリ。あれ、どこから見れば良かったんだろう?私が気が付かなかっただけで、近くまで入れる道があったんだろうか?

 

12,13番には行っていませんので、ご了承下さい

菜の花マップの中でも、12,13番の畑には私は行けなかったので、このブログではその2つの畑の情報は省かせて頂いております。ご了承下さい。

去年もそうだったんですが、多数の畑がまとまっている旧追分町から離れている遠浅地区は、結局、行けず終いでした。

 

去年、訪れた際の2018年情報はこちら↓

 

宿泊場所

安平町は宿泊施設が少なくて、このノースゲートインアビラは大人気なんですが、菜の花時期は満室。他の時期でも5室のみのお宿なので、満室が多いです。空港も近くていいんですが・・・

私もここに泊れたら一泊で菜の花を楽しみたいんですが、取れないので、結局、帰れる距離の自宅に戻ってしまいます。

道外からお越しの方は、空港のある千歳に泊った方が、安平は近いのでいいかも知れません。

 

では、今日もお読み頂いてありがとうございました。

※当ブログで掲載されている写真、文章の無断転載は、硬くお断りさせて頂きます。

-北海道・道央、道南
-

Copyright© ジャーニーエム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.