SONY α Eマウント

α6400、ファーストレビュー。やっぱり瞳AFがすごい&お勧めレンズ

2019年9月11日

そんな訳で、発売から約半年。遅ばせながらα6400を購入しました。

 

↓↓↓そんな訳って、どんな訳?

α6600、α6400、α6100の違い。スペック比較してα6400を買った理由

去る2019年8月29日、SONYから新たなAPS-C機種、α6600とα6100が発表になりました。発売は両方ともまだ先ですが、2月にα6400が発 ...

続きを見る

 

なんと、買った当日から撮影プチ旅行へ持っていきまして~・・・だって、今まで使っていたα6000と同じSONYの6000番台だし、操作系統、同じでしょ?と、余裕かまして持って行ったところ、やっぱり同じだから、全然、問題ナシ!(笑)

使ってみて、な~んとなくα6000よりはきれいに撮れる気がするし(※センサーはそんなに変わっていないので、気のせいかも知れません(笑))、最初からとても楽しく使えております!

 

最初の撮影は風景写真

まずはそのプチ撮影旅行で撮ってきた風景写真です。

sonyα6400 SIGMA16mmF1.4(APS-C用) F16 SS1/50 ISO160

昼間の明るい所での撮影。もちろん何の問題もなし。

 

sonyα6400 TAMRON28-75mm(82.5mm相当で撮影) F22 SS0.8 ISO100

パンフォーカスにしたかったので、三脚使って絞りきっての、やや長秒。夜明けの繊細な色合いも、とてもきれいに再現できています。

 

sonyα6400 TAMRON28-75mm(112.5mm相当で撮影) F3.2 SS1/160 ISO100

ややアンダー目に撮って明るさを持ち上げても、荒れることなく、きれい。

 

sonyα6400 TAMRON28-75mm(42mm相当で撮影) F22 SS1/60 ISO800

これは同じ場面をα7iiiで撮ったのと比べたら、さすがに解像度がイマイチで、ちょっぴり悔しかった。光が弱くなってくるほど、フルサイズ機にはやっぱり敵わないです。

 

概ね、とてもきれいに撮れて、満足です。

 

 

α6000からの変更点

私はα6000からのバージョンアップだったので、操作感に関わる部分じゃないところでは細かい変更点は、結構、ありました。

何せ、α6000-α6400の間には、α6300とα6500も出ていますからね~。2機種飛ばしたら、変更点も多いです。

 

初心者にはちょっと不親切になったかも?

まず、おかませオートがα6000とは変わったみたいです。プレミアムおまかせオートのモードが無くなっているし、普通のおまかせオートの操作感もちょっと違うっぽい。このへん、私はもうおまかせオートは使わないので深堀りしていないんですが、もしかしたらα6000の方が初心者には良かったかも?

あと、びっくりしたのがトリセツがないんですよね。WEB上に用意してあって、そこで見るようになっていたんですが、私は本当の初心者の時、付いてきたトリセツを見て「ふ~ん、こんな機能があるんだ」と、随分、勉強になったので、これはちょっと不親切な気がします。

 

でもα6400は、6000番台ではここから始まった「α9並のAF性能」があるので~・・・なーんにも考えずに撮っても、撮れるには撮れるんです。

 

電子水準器はやっぱり便利

α6400の発売当初、その情報がなくて、てっきり「ない」と思っていた電子水準器。付いているんです。

風景撮影はもちろん、人物撮影でも地味にものすごーーーく便利。

 

でもこの、たくさん情報が出る表示に変えちゃうと、電子水準器、出ないです。

仕方ないので簡易な表示のディスプレイにしているんですが、フォーカスモードとかを確認するのに、ちょっぴりだけ不便かな?

 

瞳AFを割り当て。Fnボタンをカスタマイズ

Fnボタンは、フラッシュはめったに使わないので、調光モードを除けて、瞳AFを。そして右下には美肌モードを割り当てるカスタマイズを施しました。

美肌モードはJPGE撮影時にしか使えないので、RAW撮影していた私は使っていなかったんですが、α6400のJPGE保存は「エクストラファイン」という、今までより一段、圧縮率が低いモードが付いていたので、ちょっと活用してみようかと思っています。

 

シャッター音はα6000の方が好き。でもα6400は消音できる!

α6400だけ使っていると気がつかないんですが、α6000と交互に使ってみると、シャッター音が違うのに気が付きました。

α6000の方が「カシャッ」ていう「いかにもメカシャッター」な音で好きですね。α6400はシャッター音が消音できるようになったのと関係があると思うんですが、α6000に比べたら「ぷしゅ」って感じで、比べると気が抜ける・・・

でも消音機能はずーっと欲しかったので、嬉しいです!早速、友達の「歌と踊りの会」を撮影させてもらえました。演奏会など音が出るのが望ましくない場所でも、堂々と連射も出来るので便利になります。

 

 

やっぱりすごすぎるα6400の瞳AF

風景写真を撮るにはほぼ満足していたα6000から、今回、買い換えた目的は、人物を撮る際の瞳AF。(※人物の目に自動でピントを合わせてくれる機能)

α6000がそこが非力すぎたので、SONYストアで確認していた「α9並のすごすぎる瞳AF」はどーしても使いたくて、半年、ずっと待っていました。

 

で、実際にα6400を使ってみて、そこはホントーにやっぱりすごい!人物写真は気軽にWEB上にアップ出来ないので、実物、お見せ出来ないんですが、ホントーにすごい!

 

α6000ではやむなく連射して「どれかは瞳にバチピンしてるでしょ」作戦を取っていたのが、α6400では「ここ!」っていう瞬間を選んで撮ればよくなり、後で写真を選び出す手間が大幅に軽減されました。

 

ただし・・・SONYの公式ページにもありますが、暗い所では、瞳AFが効かない場合もあります。

 

この時は効いたり効かなかったりでした。暗い室内&逆光だと、もう厳しい模様。

 

瞳AFを効かすのには、フォーカスモードをAF-Cに、フォーカスエリアをワイドにして下さいね。

※SONYストアの店員さんに教えてもらったコツ

 

今までAF-Sとフレキシブルスポットを使って、自分で「人物の目」に着いていっていたので、「そんなお任せで大丈夫なのか?」と、感覚的には不安になったんですが、やってみると、全然、大丈夫。むしろ私より優秀(そりゃそうだけど(笑))。撮影者は構図を考えるのに集中していて良し、で、すごい楽になりました!

 

私の買ったボディのみ(ブラック)。α6000もブラックだったので、気分を変えてシルバーは?とちょっと迷ったんですが、レンズがブラックで統一されているので、ボディもブラックにしました。

 

 

α6400でお勧めのレンズは何だろう?

ボディのみで買うと、レンズは用意しなければなりません。

最初からレンズがセットになったレンズキットはお手頃ですが、SONYのキットのレンズがよくないのは定評のあるところなので、本当は「ボディ+別売りレンズ」で買うのがお勧めです。

 

単焦点レンズなら

単焦点レンズなら、SIGMAのコンテンポラリー三兄弟がコスパ最高で、ずっと愛用して来ました。

SIGMA 単焦点コンテンポラリー三兄弟はとても美しく撮れるシンデレラレンズ

シンデレラレンズって、聞いた事ありますか? 一般的には「明るい単焦点レンズ」のことを指し、ボケがきれいに出ることから「初心者でも写真が上手くなった気持 ...

続きを見る

 

ズームレンズ

・・・ですが。タムロン28-75(ホントは夫のフルサイズ用)を使ってみて、「やっぱりズームレンズってすごい便利だな~」は、実感してしまったので、三兄弟を売り払ってこちら↓を買おうかと、検討中です。

α6000番台ユーザーに長らく待たれていた、APS-C専用Gズーム!画角もちょうどSIGMA三兄弟をそのままカバーしてしまうので、1本のズームレンズに集約するには魅力的。

要するに、スマホ程度の広角~ポートレート定番の中望遠までをカバーする、F2.8通し。ものすごく使いやすい画角とF値で、15万円越えでも、これ絶対、売れるだろうな~・・・。

 

私も、三兄弟と、タムロン28-75でカバー出来ない広角域をカバーするため、16mmつけっぱなし用に残したα6000を売ってしまえば、差額は手が出る値段になるので、すごい考え中です・・・。昼間撮影が多いので、三兄弟のF1.4までは必要ない場合が多いんですよね~。

 

自撮りする方には、広角パンケーキレンズ

α6400は180度チルト液晶で自撮り出来るので、早速やってみましたが、標準レンズを着けていると、画角、狭すぎました。広角レンズでないと自撮りはちょっと厳しい。

SIGMA三兄弟の16mmは、画質としてはいいので「バッチリ自撮りがいい」方にはそちらをお勧めしますが、やや大きくて腕がプルプルしちゃうので(笑)、自撮りには薄いパンケーキレンズがいいかな~?と。

 

スマホ程度の広角。薄くて軽くて、おしゃんぽレンズとして6000番台ユーザーに人気の、SEL16F28。67gですからね!自撮り用にはとっても便利だと思います。

 

では、今日もここまでお読み頂きましてありがとうございました。

※当ブログで掲載されている写真、文章の無断転載は、硬くお断りさせて頂きます。

-SONY α Eマウント
-

Copyright© ジャーニーエム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.