SONY α Eマウント

α6000 + SIGMA56mmF1.4 作例・一面のラベンダー畑 in 札幌、幌見峠

2019年7月8日

札幌市の円山、ばんけい界隈にある幌美峠ラベンダー園で、ラベンダーを撮って来ました。今回はSIGMA56mmF1.4DCDN、1本勝負。

アクセス方法、撮影時の状況等と、作例ギャラリーを載せています。参考になれば嬉しいです。

 

大都市・札幌にある ”一面のラベンダー畑” 幌美峠ラベンダー園

札幌は街の規模としては住みやすい街で、機能的な都会と自然が隣接しています。

幌見峠ラベンダー園も、大都会に隣接する自然の中にある畑。都心から車でわずか20分程度で雄大な景色が眺められます。

 

夜景も人気

これだけは広角レンズで撮った・・・と思うんですが、このように畑から都心が見降ろせるので、夜景スポットとしても人気。

夜も駐車場は営業しています。

 

駐車場営業時間

  • 昼の部 03:00~17:00 まで:500円
  • 夜の部 17:00~03:00 まで:800円

 

公共の交通機関では、夜は厳しすぎ・幌美峠へのアクセス

夜景がきれいなんですが、私は公共の交通機関を利用するので、夜は行けません。バス停から勾配の急な坂道を歩くし、そこが歩道もない山道なので、暗い時間帯に徒歩は危ないです。(熊が出ないとも限りません・・・ホントに)

 

※グーグルマップより

場所はこちら。

公共の交通機関では、地下鉄東西線円山駅でバスに乗り換えて、札幌西円山病院の側にある「円山西町神社前」下車で、そこから徒歩18分です。

 

住所

〒064-0945 北海道札幌市中央区盤渓471−110

 

幌美峠は畑があるだけで、後は写真にあるアイス売りの車が出ているくらい。軽食となはないですよ~。簡易トイレはありました。

あとは、ラベンダーの刈り取り体験も出来ます。刈り取りしている皆さんは、香りを楽しんでいましたね。

 

 

昼間には、昼間にしか撮れないものを撮りたかったけど・・・

という訳で、やっと晴れた撮影びよりが日曜日。週末とあって、そこそこの人出で賑わっていました。

それでも駐車場のキャパがない分、大型観光バスは入って来ないので、のんびりした雰囲気です。待てばなんとか、人がそんなに入らない写真も撮れます。

 

昼間に撮るんだから、夜景とは違う”風”を撮りたくて、NDフィルターを使ってわざと長秒にしてみたんですが、きれいには撮れなかったです。

難しいですね。

 

 

アイス屋の前で、フクロウを連れた紳士に遭遇。これは夜にはいまい・・・(笑)

 

 

作例ギャラリー

今回はα6000 + SIGMA56mmF1.4DCDN、ISOは100に固定しました。

画像をクリックでポップアップします。

※当ブログに掲載している写真の無断転載は硬くお断りしております。

 

ISOを100に固定した為、ご覧のように85mm相当の中望遠のレンズとしては、手ブレそうなスローシャッターになっているものもありますが、それでも本体もレンズも手ぶれ補正なしでブレないのは、本当にハンドストラップのお陰なんです。

おすすめ

α6000で手ブレを防止するには?


α6000は本体内手ぶれ補正機能が付いていないんですが、ハンドストラップを付けてから手ぶれしにくくなりました。

関連記事へ


 

カメラとレンズのお買い求めはこちらから

α6000、ボディ

 

SIGMA56mmF1.4DCDN

 

今回、撮ってみて実感しましたが、このレンズだとF16まで絞りきってもパンフォーカスになりきらないですね。広角の16mmの方を使えばピシッと合ってくるんですが、そうするとラベンダー畑の密度が表現できないので、悩ましいです。

 

では、今日もここまでお読み頂いて、ありがとうございました。

※当ブログで掲載されている写真、文章の無断転載は、硬くお断りさせて頂きます。

-SONY α Eマウント
-, ,

Copyright© ジャーニーエム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.